北海道/大雪山系旭岳(2,291m)&トムラウシ山(2,141m)に行ってきました!(6)

大雪山愛の鐘

【大雪山愛の鐘】

姿見の池に到着するとまず目に
飛び込んでくるのは大雪山愛の鐘です。

1962年に北海道大学山岳部員10名の方が
遭難されてお亡くなりになるという
痛ましい事故があり、鎮魂及び登山者の
安全の為に設置されてます。

濃霧や吹雪でホワイトアウトした時に
この鐘を鳴らしてもらえれば姿見の池
方角が判断でき、すぐ横にある避難小屋
に素早く逃げ込む事ができるように
なっています。

この後の登りで自然の厳しさを味わう
ことになるのですが、これがもう少し
寒い時期だったらと思うと正直ゾッと
しました。

愛の鐘のすぐ横にある旭岳石室

【旭岳石室 避難小屋】

登りは旭岳石室前のベンチでゆるりと
小休止。
小屋周辺のお花畑を撮影したりして
余裕の状況でした。

しかし下りは自然の洗礼を受けて
雨でびしょ濡れになったウェアをこの
小屋内で脱いで絞ったりすることができ、
休ませてもらえてホント助かりましたー。
※宿泊は不可です。

姿見の池

【姿見の池】

姿見の池に接近してみても、もの凄い
濃霧でほぼ池面が見える程度。
『なんも見えへんっ!』
この日の景観はほぼ見る事ができないと
判断できました。

という事でフリー画像をお借りしました。
お天気のいい時は下の画像ですっ。
『あー何という素晴らしい景観なんやー。』

お天気の時の姿見の池~旭岳

右側上部の斜面を登っていくのですが、
どうりで左側からシュッーシュッー
やたらに音がすると思った。
『あれだけ噴気口が何箇所もあったんや。』

ガスってて視界があまり無かったので
噴気口の音とは思ってましたが、
あんなにもたくさんの噴気口の横を
歩いていたとはっ!

では次回は姿見の池上部の右斜面から
本格的な登山道に入っていきます。
今回もご一読頂き有り難う御座いました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。