メチャクチャ遠かったけど楽しかった!/大崩山(1643m)

【大崩山】
宮崎県延岡市経由でアクセスした日本200名山
二枚ダキの岸壁や、湧塚の岩峰が素晴らしく、
登頂で九州最難関と言われている山です。

結論から言うと、ホントにいろんな意味で
九州最難関です。ある意味、北アルプスレベル!
・福岡からのアクセスが、まあ遠い事、遠い事。
(自宅を15時過ぎに出発し、登山口着22時頃)
・湧塚コース
 GPSがあっても道迷いを数回します。とんでもない
 崖に出たりしました・・・。
(ルートファインディングの自身を喪失しますが、
 皆様も同様。)
・坊主尾根コース
 経験した事が無いぐらい、ハシゴ~ロープが、
 何度も出てきますし、川の渡渉もあります。
 湧塚・坊主尾根コースのいずれも、初入山での
 単独行は不安になるし、グループ入山が良いです。

湧塚コース上部で東京から来られたKさんと
お会いしました。
Kさんは、私より一つ年上で、30年間かけて
日本300名山を踏破中で、この大崩山で280座目
との事でした!世の中、実際に300名山を目指
されている事が、本当にいらっしゃるんですねー。
その後、一緒にドローン撮影したり、下山まで、
ご一緒させて頂く事となり、いろいろ参考になる
お話を伺う事ができました。
(あと20座登らなければならないという
プレッシャーがあると聞き、~しなければ
ならない。はしんどいですよねー。)

Kさん曰く、100名山には3つぐらいの顔があり、
200名山には2つの顔がある感じとの事でした。
今まで行った中でのお薦めは、鳥海山(多面性)と
トムラウシ(別世界)との事でした。
必ず行ってみよー!

実は、難しい山だからこそ、久しぶりにメチャクチャ
ワクワクして楽しかったです。山でお会いした方々、
いろいろとお話させて頂き有難うございました。

以上、メチャクチャ遠かったけど、楽しかった!
でした。( 九州100~300名山 19/23座登頂。)

【今回の反省~今後のTODO】
1, 道迷い中、かなり滑りやすそうな崖に出て、
 危険を承知でトラバースしてしまった。
 ⇒やっぱり、元のルートに戻らないと駄目!

【上級者コース】
往路:大崩山登山口~湧塚~山頂 5時間
復路:山頂~坊主尾根~大崩登山口 4時間30分

【登山口案内】10台程度 路肩へ駐車します。
       トイレ無し。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。