熊本 阿蘇五岳 登山/草千里ケ浜~烏帽子岳編(5)

草原と雲海のコラボですっ。

【草原と雲海と】

烏帽子岳(1,337m)下山開始。
南側を見ると草原の先に
キレイな雲海がひろがってました!

ゴメンナサイっ。
ここでまた疑問が湧いてきたー。
『雲海ってどんな時にできるんやろ?』

昼の間に暖められた空気が夜になると
冷やされ川の水温よりも低くなると、
川の水から蒸発霧が発生。
その霧が山の間の低い部分にたまり、
標高の高い部分から見ると雲海として
見える。
この霧の発生具合は、特に昼間と夜間との
温度差が激しいほど出やすい。
(竹田城跡ホームページから引用)

そういう事かー。寒暖差の激しい春や秋に
よく見れるのも理解できた。

右端が次に登る杵島岳

【もうすぐ草千里ケ浜の東面へ下山】

草千里ケ浜はもう目の前。
登山道の土質が火山特有の滑りやすい道
でした。そういう時は足の歩幅を狭めると
スリップしにくいです。
ちょこちょこ歩きでオーケーです。
ストックでバランスが取れると更に良いっ!

では次回は本当に下山します。
烏帽子岳を周回するだけなのにこんなに
回数かかるとは思わなかったー。
NETFLIXの韓国ドラマみたいや。(笑)
今回もご一読頂き有難う御座いました!


まいたの
お昼は、思い切ってプチ贅沢しました。
中国料理 耕治の白菜ラーメンを食べる。
ラーメン1杯 1,540円也っ。
やっぱりおいしかったー。
まいたのっ!

草千里ケ浜と池2つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。