九州の日本100~300名山 22座登山を振り返って(1)

九州の日本100~300名山 22座

百名山6座
宮之浦岳(屋久島)・開聞岳
韓国岳(霧島山)・阿蘇山・祖母山・九重山  

二百名山 8座
御岳(桜島)・高千穂峰・尾鈴山・市房山
大崩山・普賢岳(雲仙)・由布岳・英彦山 

三百名山 8座
高隈山・国見岳・傾山・大船山・鶴見岳
涌蓋山・多良岳・背振山

コロナの影響で約5年かかったけど
いろんな所へ行ったなー。
今日は四季折々の風景を振り返ります。

春 九重連山の平治岳(ひいじだけ)




というか今がオンシーズンです!
平治岳にはミヤマキリシマ
咲き乱れます。

さながら辺り一面が天上の花園の
ような光景が広がります。
土日に行けば山腹で登山者渋滞が
起こるほどです。

夏 普賢岳(雲仙)

普賢岳に向かう途中のパーキングから
撮影しました。
きれいな雲海と夏空が見られました!

秋 九重連山の三俣山




 九重連山 三俣山紅葉です。
北アルプスとはまた違う紅葉の色合いが
見られます。
北アルプスの紅葉から1ヶ月後に
九重連山の紅葉が始まります。

冬 九重連山 揃い踏みです。

九重連山です。
右から久住山。中央ピークが
九州本土最高峰の中岳。左が大船山。

振り返ると九重連山が多いですね。
高速でちょうど行きやすい距離にあるって
いうのもあります。
次回は九州の火山編をお届けする予定です。
今回もご一読頂き有難う御座いました!

今日のまいたの
家族で近所の里山にホタルを見に行って
来ましたー。乱舞しててキレイでしたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。